TOP > 東日本ビジネスIBサービス
東日本ビジネスIBサービス
法人のお客さまを対象としたインターネット・バンキングです。

重要  お知らせ
>>【重要】セキュリティ対策に関する重要なお知らせ
>>【重要】インターネット・バンキングの不正利用にご注意ください(必ずお読みください)

 お知らせ
>>金融犯罪にご注意ください
東日本IBサービスを安全にご利用いただくため、2014年11月17日(月)よりウィルス対策ソフト「FFRI Limosa」を導入しました。
ウイルス対策ソフト「FFRI Limosa」についてはこちら
ウイルス対策ソフト「FFRI Limosa」についてよくあるご質問
東日本ビジネスIBサービス
※ウィルス対策ソフト「FFRI Limosa」はInternet Explorer以外のブラウザには対応していません。
なお、一部の市販ウイルス対策ソフトが導入されている場合、「FFRI Limosa」の起動に制約があります。詳しくはこちらをご覧ください。
1.東日本ビジネスIBサービスのご案内
2.東日本ビジネスIBサービス規定 PDF 271KB
3.東日本ビジネスIBサービスQ&A
4.東日本ビジネスIBサービス用語集
東日本ビジネスIBサービス ・・・操作手引・・・

東日本ビジネスIBサービス操作マニュアル

本コンテンツはFlashを使用しています。「Adobe Flash Player」最新版のインストールはこちら。

お問い合わせ
◆FFRI Limosaについてのお問い合わせ FFRI Limosaヘルプデスク
フリーダイヤル:0120-502880
(ご利用時間は銀行営業日(平日)の午前9時から午後5時までです。)
◆サービス内容のお問い合わせ インフォメーションセンター
フリーダイヤル:0120-600185
(ご利用時間は銀行営業日(平日)の午前9時から午後5時までです。)
◆操作上のトラブル、ご質問 東日本IBサポートデスク
フリーダイヤル:0120-052582
(ご利用時間は銀行営業日(平日)の午前9時から午後9時までです。)
ご注意事項
(1) ご利用は当行に当座預金または普通預金をお持ちの法人のお客さままたは個人事業主のお客さまに限らせていただきます。
(2) IBデータ伝送サービスは、東日本ビジネスIBサービスをご利用いただいているお客さまに限らせていただきます。IBデータ伝送サービスのみのお申し込みはできません。
(3) サービスの利用開始については、お申込時にいただいた初回(仮)ログインパスワードおよび当行から通知する「東日本ビジネスIBサービス利用開始のご案内」に記載される仮確認パスワードが必要となります。しかし、上記パスワード等は仮登録用ですので、初回ログイン時に必ず変更してください。
(4) 「ログインID」「ログインパスワード」「確認用パスワード」「メール通知パスワード」は、お客さまがご本人であることを確認するための重要な情報です。これらは第三者に知られることのないように、またお忘れにならないようにご注意ください。定期的にパスワードを変更していただくとより安全性が高まります。また、本サービスのご利用にあたっては、セキュリティを保持するためにID、パスワードによる認証と合わせてクライアント証明書による認証を行います。
(5) 動作環境はブラウザのみです。モバイル端末機(携帯電話)の利用はできません。
※OS、ブラウザによってはクライアント証明書のご利用がいただけない場合がございます。
(詳しくは東日本IBサポートデスクまでお問い合わせください。)
対象OS、対象ブラウザにつきましてはこちらをご覧ください。
 
(6) ご依頼いただいたお取り引きの受付確認や処理結果等の重要なご通知やご案内をスピーディに電子メールでご案内いたします。お客さまが振込振替等のお取り引きを実施したにもかかわらず受付確認メールを受信しない場合、またはお心当たりのない電子メールが届いた場合は「お問い合わせ先」かお取引店までご連絡ください。
(7) システムの更新・メンテナンス等により一時的にサービスを休止することがありますのであらかじめご了承ください。
(8) ブラウザ上の「戻る」、「進む」ボタンは使用しないでください。
終了のときに画面上の「ログアウト」ボタンを押してください。
(ブラウザ上の「×」ボタンは押さないでください。)
(9) セキュリティについて
1. 128ビットSSLによる暗号化
東日本ビジネスIBサービスでは、お客さまのパソコンと当行のコンピュータ間のデータ通信について、本サービスを安心してご利用いただけるよう最新式の暗号化技術の128ビットSSL暗号化方式を利用し、情報の盗聴・書き換え等を防止しています。
2. ソフトウェアキーボードについて
東日本ビジネスIBサービスでは、ソフトウェアキーボードを導入しております。ソフトウェアキーボードとは、ログイン画面上で開いたソフトウェアキーボード画面の文字ボタンをマウスでクリックすることで、パスワードを入力するものです。パソコンのキーボード入力情報を盗み第三者に送信するスパイウェアに対するセキュリティ対策としてご利用ください。
3. クライアント証明書について
サービスの一層のセキュリティ向上のためにクライアント証明書(電子証明書)を導入しています。クライアント証明書とはご利用時のユーザおよびパソコン(クライアント)とホストコンピュータを認証する証明書をいい、外部からのインターネットを通じた不正利用を抑止する効果があります。
4. メール通知パスワードについて
サービスの一層のセキュリティ向上のために振込振替などの取引を行う際、お客さまが指定されたEメールアドレス宛てに数字8桁の「メール通知パスワード」をお送りします。確認用のパスワード等の入力に加え、この「メール通知パスワード」を入力いただくことで、第三者の不正利用を防止する機能です。
(「メール通知パスワード」の送信先は、東日本ビジネスIBサービスご利用PCではご覧になれない別端末にすることを厳守して下さい。)
 
このページの先頭へ戻る
リニューアルのご案内
お問い合わせ・資料のご請求
東日本ビジネスIBサービス Internet Explorer以外のブラウザをご使用の方こちら
東日本ビジネスIBサービス
ログイン
サービスのご案内
東日本ビジネスIBサービスQ&A
東日本ビジネスIBサービス用語集
商品・サービス一覧
店舗・ATMのご案内
各種手数料
金利情報
預金保険制度について
Limosa を起動する (インストール済の場合のみ起動します。未インストールの場合なにも起きません)

Limosa で保護されたブラウザかどうかを判定