ホーム > 東日本銀行の仕事 > 新入行員から学生のみなさんへメッセージ > 石井 壯知(飯田橋支店)

新入行員から学生のみなさんへメッセージ

石井 壯知 ISHII TAKEAKI 飯田橋支店 ご融資外国為替課 2018年入行

今までの仕事

4月に入行してから約1か月間「新入行員研修」を行いました。研修では、ビジネスマナーや電話応対、名刺交換など、社会人としての基本や銀行員としての基礎知識などを学びました。その後、飯田橋支店のご融資外国為替課に配属となりました。業務内容としては、融資の実行・回収のオペレーション、集金、事務処理などです。操作一つで大きな金額を扱う為、緊張の毎日ですが上司や先輩のご指導のもと1人で出来ることも入行当初より増えてきました。限られた時間で効率的に仕事に取り掛かる重要さを学びました。まだまだ未熟ですが、これからも業務や自己啓発を通じて、スキルを磨いていきたいと考えています。

銀行員の醍醐味

大きく分けて、2つあります。1つ目は、さまざまな業種の経営者の方々と出会えることだと思います。事業を営んでいる経営者と対等な立場で話をすることができるのは、銀行員ならではの魅力だと思います。また、銀行は夢を支える仕事でもあります。自分の住宅が欲しい人や海外に留学したい人など、様々な理由で資金が必要な人に融資することでお客様たちの夢を叶えるお手伝いが出来るのも魅力だと思います。
2つ目は業務内容が多岐に渡ってあることです。取り扱っているものが基本的にお金であるため、今後も時代に合わせた金融商品がますます増えていくと思います。その為、これらを取扱い、お客さまへ最適な提案をするには日々勉強することが求められますが、知識を得れば、得る分だけのお客さまの満足度の高い金融サービスを、何通りも提案する事が可能になると思います。

今後のビジョン

まずは、現在行っている業務をより正確に、迅速にこなせるようになることが課題であり、目標です。また、業務や自己啓発を通して銀行員、社会人としての知識を身につけ、法人・個人のお客さまに対して幅広い提案をし、お客さまをサポートできる行員になりたいです。お得意先課で働いていくイメージを常に持ちながら業務に取り組み、目標から逆算した行動を意識して日々過ごしていきたいです。

新入行員の仕事

学生時代

学生時代、1番印象に残っているのはゼミナールでの2年間です。私が所属していたゼミナールでは主に企業研究を行い、考察と展望を考えプレゼンテーションをします。発表会がある為、それに向けてメンバーと毎週打ち合わせをひたすら行い、また先輩や教授、OBの方にフィードバックを貰いながら完成度を高めました。壁にぶつかる事もあり辛い時もありましたが、今ではとても貴重な経験が出来たと思っています。
またゼミ長を任せて頂き、ゼミ内での意見をまとめる際は、相手の価値観や考え方を大切にし、意見と意見の相違点を上手くまとめるように努力しました。教授とゼミ生の間に入りゼミの方針を決めるという仕事によって、強い責任感と周りの意見の考える柔軟性を得る事が出来ました。

学生時代

入行動機

大学のゼミナール活動で企業研究を行った際、広く日本の経済を支えている中堅・中小企業の成長に役に立ちたいとの思いが強く、金融業界の中でも銀行を第一志望にしていました。東日本銀行の「face to face」の理念や預貸率の高さ、また横浜銀行との経営統合という点から地方銀行としてより強い基盤を持った勢いのある銀行だと感じます。そして、自分自身の成長が出来る環境だと感じました。
会社説明会に参加や支店訪問をさせていただいた時にお会いした行員の方の温かさを感じました。人との繋がりを大切にしていると感じ、人と接することが好きである私の強みを活かし、お客さまのために最善を尽くし多くの人をサポートすることができると考え、志望致しました。

入行動機

オフタイムの過ごし方

オフタイムは主に体を動かしています。春から秋にかけて草野球をしています。小学生の頃から野球を続けているので、野球をすることで自然とリフレッシュになっています。また、ジムで体を動かしたり買い物や美味しいご飯を食べに行ったりします。自宅でゆっくり過ごすよりも、外へ出掛ける事が好きなのかもしれません。
最近では、旅行に興味を持つようになり同期と計画を立てたりしています。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

現在採用活動に励む皆さま、当行に少しでも関心を持って頂き有難うございます。就職活動は就職先を決める活動だけではなく、時間をかけて自分と向き合う活動でもあると思います。多くの内定よりも、自分が結果として良かったと思える事が何よりも大切だと思います。すぐに実感は得られないかもしれませんが、お身体に気をつけて採用活動や残りの学生生活を楽しんで下さい。