ホーム > 東日本銀行の仕事 > 本部の仕事を知ろう > 宮田 啓矩(経営企画部)

本部の仕事を知ろう

宮田 啓矩 MIYATA HIRONORI 経営企画部 調査役 2008年入行

今までの仕事・経歴

入行してはじめは本店営業部に配属となりました。外国為替課、ご融資課で計3年間、内勤業務の中で銀行業務の基礎を学んだのち、お得意先課 地区担当者として、既存のお客さまへの融資提案や、新規お取引先の開拓といった渉外業務を行ってきました。
その後渋谷支店 ご融資課へ異動となり、自身の担当先への融資提案に加え、お得意先課行員のサポートや融資関連書類の検証といった業務を経験してきました。
現在の経営企画部へ異動となってからは、銀行全体の予算策定、銀行資産・負債の分析、会議書類の準備や事務局の運営等をおこなっています。

銀行員の醍醐味・やりがい

感謝の言葉をいただけるときに、一番のやりがいを感じます。
お客さまに満足していただけるように努力をしていても、仕事はうまくいくときばかりではなく、失敗をしてお客さまや上司に迷惑をかけてしまうことも多々あります。だからこそ、ひとつの仕事を成し遂げたときは達成感があり、その成果である感謝の言葉はとてもありがたく感じます。
私が以前あるお客さまとご新規の取引を始めさせていただいたときには、「宮田さんが熱心に通ってくれて、宮田さんとだったら取引を始めてもいいよ」と言っていただいたときに、とてもうれしく感じたのを覚えています。

今後のビジョン・目標

銀行がよりよくなっていくための提案をしていけるようになりたいと考えています。
マイナス金利の導入、Fintechの発展等により、銀行業界は益々変化をしています。どんなことが銀行の課題になっているのか、新しいことをどう取り入れていくか、といったことを常に考え、銀行や利用していただくお客さまにとってプラスとなるようなアイディアを出せるよう、幅広い業務に携わっていきたいです。

本部の仕事

学生時代・力を入れていたこと

大学時代はバドミントン部に所属していました。関東の大学対抗で年2回おこなわれるリーグ戦等の大会を目指し、部活動に力を入れてきました。バドミントンは意外とハードなスポーツで、地道なフットワークやトレーニング、打ち込み等の練習が中心でした。特に夏場は体育館を締め切っておこなうため、暑さとの戦いでした。練習が辛く、思うように実力が伸びず、やめようかと考えたことも何度かありました。しかしその中でも継続して練習に取り組んだことや、劣勢の中でも最後まであきらめずに戦って勝利した試合経験、苦楽を共にした部員たちとの繋がりが、私の財産になっていると思います。

学生時代・力を入れていたこと

志望・入行動機

私は理学部で数学を専攻していましたので、数字に強みを持っている、という理由で銀行を志望しました。決算データの分析等はパソコンのシステムで計算することもできますが、仕組みを理解するためは、数学の知識が役に立つ場面もあります。
また、銀行で渉外担当者となれば会社の社長様方とお話しすることができる、ということを魅力に感じました。当行は地域密着で、お客さまと顔を合わせてお話しするなかでニーズを探っていく「フェイス・トゥ・フェイス」を理念に掲げており、経営者の方とお話しする機会が多くあります。会社員では経験のできない様々な体験をされている経営者の方々のお話を聞くことは、非常に刺激となっています。

志望・入行動機

休日の過ごし方・リフレッシュの方法

土日のどちらかはバドミントンをしてリフレッシュしています。社会人になると自由な時間が限られているので、市民大会等にも積極的に参加することで、目標を持って取り組むようにしています。時期によっては毎週のように大会に参加していて、逆に疲れてしまうこともありますが(笑)。
また学生時代の友人とは今でも交流があり、定期的に飲み会をおこなったり、旅行に出かけたりして、近況報告や昔話をするのが楽しみになっています。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

慣れないスーツや革靴での就職活動は、苦労が多いと思います。私も随分苦労しました。しかし様々な会社を見ることができて、自分自身の将来をじっくり考えることができる就職活動の時間は貴重ですので、悔いのないように全力で臨んでください。残り少ない学生生活は、好きなこと、今しか出来ないこと、やりたいと思っていることに全力で取り組んでいただき、これからの社会人生活に活かしていってください。