ホーム > 東日本銀行の仕事 > 本部の仕事を知ろう > 山口 貴大(融資部)

本部の仕事を知ろう

山口 貴大 YAMAGUCHI TAKAHIRO 融資部 審査役 2009年入行

今までの仕事・経歴

2009年4月入行後、新小岩支店に配属となりました。最初の半年間営業課で後方事務、その後1年間ご融資外国為替課で経験を積み、お得意先課地区担当者に係替えとなりました。2年半個人及び法人営業を行い、2013年4月飯田橋支店へ転勤となりました。同店では1年半地区担当者として重点地区を担当し、その後企業開拓専担者に任命され、新規事業所開拓に特化した営業を経験してきました。また最後の半年間は融資渉外として、法人営業を行いつつ、融資事務についても経験しました。
2018年7月に現職の融資部へ転勤となり、審査役として主に営業店より起案された稟議書に基づき、リスクを検証し融資可否を判断しています。

銀行員の醍醐味・やりがい

銀行員の醍醐味は会社経営者に直接会うことができることです。他業種の営業ではなかなか企業の実権者に会うことはできないと思います。その特権により、さまざまな経営者の方々の相談に乗りながら、悩みを解決に導くことができます。日本企業のうち9割は中小企業です。その日本経済の根幹を成す中小企業に特化し、支援することが当行の強みです。この強みを活かしていくのが第一線で活躍する営業店の行員であり、お客さまから感謝の言葉をいただいた時はやりがいを感じます。
現職ではお客さまの顔は見えませんが、営業店を最大限バックアップすることで、営業店を通じてお客さま、地域に貢献できていると思い、この仕事に誇りを持っています。

今後のビジョン・目標

現在は審査役として、様々な案件に携わり審査能力の向上を図るべく毎日勉強中です。日々審査経験を積み、営業店に対して案件構築や問題解決について具体的なアドバイスができる審査役になりたいと思っています。
当行では私のような主事職での審査役登用は初めての試みであり、いただいた機会を無駄にすることなく、日々精進して参りたいと思います。
そして将来は現職で学んだノウハウを営業店で活用し、地域社会ならびに当行の発展に貢献していきたいと思います。

本部の仕事

学生時代・力を入れていたこと

学生時代はアルバイトと資格取得に力を入れていました。アルバイトではファストフード店で高校時代から通算で6年間働きました。厨房業務、接客業務ともに経験し、のちにマネージャーに昇格、採用活動や従業員のスケジュール管理、発注業務などをアルバイトのうちに経験させてもらい、仕事に対する責任感やお客様に対する接客スキル、従業員へのコミュニケーションの図り方などを学びました。
資格取得については、高校時代に日商簿記2級を取得し、さらなるステップアップとして1級の取得に臨みました。大学時代は公認会計士試験取得を目指し、大学に通いながら外部専門行の通信講座を受講しておりました。試験では結果を出すことはできませんでしたが、入行後の実務では役立っていると思います。

学生時代・力を入れていたこと

志望・入行動機

簿記、公認会計士試験の学習過程で身につけた知識を活かしたいとの思いから金融機関を志望しました。また併せて学生時代にアルバイトで経験した接客ノウハウやコミュニケーション手法を活かしたいと思い、地域金融機関に絞り個別の銀行を探していたところ当行に出会いました。当行は『東京という日本の最大マーケットを地盤に営業展開しており、フェイス・トゥ・フェイスの理念で、中小企業に特化した融資取り組みをしている』ことを知り、今までの経験や身につけてきた知識を最大限活かし、地域のお客さまのために仕事ができるのではないかと思い、当行を志望しました。

志望・入行動機

休日の過ごし方・リフレッシュの方法

休日は主に子どもと家や公園で遊んでいます。平日は子どもと一緒に居られる時間が帰宅後から睡眠までと限られているので、できるだけ長い時間接しコミュニケーションを図ることを大切にしています。また、数ヶ月に一度家族で旅行に行き、温泉に入り、夜は妻とお酒を飲みながらリフレッシュしています。その他は同期や学生時代の友人とゴルフに行き、お互いの現況などを話しながらプレーし気分転換を図っています。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

就職活動はいつでも本当に大変だと思います。しかし、自分のなりたい姿と向き合える貴重な機会でもあります。嫌なこともあるかと思いますが、諦めずにそして前向きに楽しみながら取り組んで下さい。
銀行業務は多岐にわたり、苦労もたくさんありますが、いろいろな関わりの中でお客さまの人生や社会に貢献できる仕事です。人間力が試される職場で一緒に成長していきましょう。