ホーム > 東日本銀行の仕事 > 営業店の仕事を知ろう > 二木 蓉子(松原支店)

営業店の仕事を知ろう

二木 蓉子 FUTATSUGI YOUKO 松原支店 お得意先課 主任 2011年入行

今までの仕事・経歴

2011年入行後、矢口支店に配属となり、営業課での業務に携わりました。
営業課では為替や後方事務にてお得意先課行員が、お客さまからお預かりしてきた定期預金の作成や口座開設、諸届の手続きなどを行いながら、お客さまからの電話対応をしていました。
その後、テラーとして窓口にたち、来店されたお客さまの対応を行いました。
矢口支店での営業課では、積極的に電話セールス・窓口セールスを行い、お客さまへ新たな商品のご提案をすることで知識を深め、経験を積みました。
2013年1月よりお得意先課へと係替えになり、地区担当者として法人、個人の集金業務をはじめ、定期預金、積立の作成の受付、年金受け取に関わるもの、さらに融資案件の提案、投資信託、生命保険の販売等多岐にわたる業務を行っています。
2015年10月に松原支店へと異動になり、現在も地区担当者として日々業務に邁進しています。

銀行員の醍醐味・やりがい

地区担当者として様々な事業のお客さまを担当するため色々な業界を見られることは楽しく、融資などの営業を通じてお客さまの事業の成長を助けられることがやりがいです。
また、会社の経営者と直接会うことができ、経営についての相談に乗りながら提案を行うことは、銀行員のみが味わえる醍醐味であり、自分の経験や知識の幅を広げられる貴重な経験の場です。

今後のビジョン・目標

今後の目標はお客さまのニーズにお応えできる知識を身につけることです。
ひとえに銀行業と言っても、業務の幅は広く、その都度、お客さまの求めていることは異なります。
また銀行員だからこそ、担当者だからこそ、つかむことのできるお客さまの情報や悩みがあります。
そういったひとつひとつのことに対して、銀行員として自分にできることを真摯にお応えし、頼られる銀行員になりたいです。
現在は、融資知識や判断力を身につけ、様々な業種の企業に対して、融資の提案ができるように日々経験を積んでいます。

営業店の仕事

学生時代・力を入れていたこと

学生時代はゼミナール活動、アルバイト活動に力を入れていました。
大学は中・高校生とは異なり、様々な地域から多くの学生が集まり、多くの出会いがありました。
特にゼミナール活動では、興味をもった比較政治学を学びました。政治の観点からだけでなく、国々の歴史や宗教、地理的な関係を学んでいく中で、それぞれの立場での考え方や生き方に大変興味を抱くようになりました。
そのため、日本以外の国をこの目で見てみたく、アルバイトを行い、貯めた資金で様々な国へ旅行に出かけました。よって、様々な人と出会い、色々な価値観の人と接することで視野を広げることができました。

学生時代・力を入れていたこと

志望・入行動機

就職活動をしていく中で、様々な企業、業種があることを知り、そんな中で、銀行員として「お金」を通じながら様々な業種の方と出会えることに大変興味を持ちました。
銀行員の取り扱う商品は「お金」であり、形がないため、自分自身がお客さまと向き合い、信頼を獲得することで、それが成果につながる仕事であるという点に、魅力を感じました。
様々な金融機関がある中で、当行の地方銀行として地域密着型の営業を行っていること、「フェイス・トゥ・フェイス」の営業スタイルの理念が自分の考えている銀行の形と合致していたことから当行を志望しました。

志望・入行動機

休日の過ごし方・リフレッシュの方法

休日は、主人や友人と美味しいものを食べに出かけたり、連続休暇がいただける日は、国内・海外などに旅行に出かけたりしています。
過去の連続休暇では、友人とニューヨーク、オランダ、ベルギーなど、いろいろな国へ出かけ、その土地の食事や芸術、建物などを観光し、有意義な時間を過ごしました。
まだまだ国内も行ったことのない場所、見たことのない場所が多くあるので、いろいろ出かけていきたいです。
日頃は、「ホットヨガ」のレッスンに通い、汗を流すことで、心身ともにリフレッシュをしています。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

就職活動は今までの自分と向き合い、将来を考える大切な時間です。
自分がどういう人間なのか、何に喜び、人生を通じて何をやっていきたいか、今までに考えたことのないほど自分と向き合わなければなりません。
その時間はとても難しい時間ですが、自分だけでなく、家族や友達、先生などを巻き込みながら、自分とはどういう人間なのか考えてみてください。
私は就職活動の際は、最後まで一つの業種に絞ることができませんでした。
しかし、「一つに絞れない」「様々な業種に関わってみたい」という考えから、銀行員という仕事を選びました。いろいろな情報があふれる中で、自分の目で見たこと、聞いたこと、感じたことを大切に、就職活動を頑張ってください。