ホーム > 東日本銀行の仕事 > 営業店の仕事を知ろう > 塩入 彩子(舎人支店)

営業店の仕事を知ろう

塩入 彩子 SHIOIRI AYAKO 舎人支店 営業課兼ご融資課課長 副支店長 1991年入行

今までの仕事・経歴

1991年  上野支店入行 営業課
1994年  浜松町支店 営業課
1999年  神田支店 営業課主任
2002年  柏支店 営業課課長補佐
2006年  草加支店 営業課係長
2011年  瑞江支店 営業課支店長代理
2014年  東日本橋支店 営業課兼ご融資課課長
2016年  上野支店 営業課課長
2017年  舎人支店 営業課兼ご融資課副支店長

銀行員の醍醐味・やりがい

私は、入行してから27年間ずっと同じ業務に携わっています。
仕事を続けることは会社内外の人と共に何かを成し遂げて前に進んでいく喜びを感じることだと思います。
今までは、女性がそれを感じる機会が少なかったと思いますが、これからはその機会を多くの人に感じてもらえることに協力が出来る女性管理職になりたいです。

今後のビジョン・目標

2014年には、かねてよりやりたかった新店舗の開設に携われ、いろいろな業種企業を拝聴し日々新鮮な気持ちでした。今後もお客さまのニーズにお応えできるスキルをどん欲に身に着け、先輩や上司に対して率直に自分の考えを表現しながら、目の前の仕事に一生懸命取り組んでいきたいと思います。

営業店の仕事

学生時代・力を入れていたこと

学生時代は、新体操を中学の部活動で行っておりましたが、中学2年の夏埼玉の川越から浦和へ引っ越すことになり転校した学校には新体操部がありませんでした。今更新しい部活に転部するのも…と思い、年子の姉と転校早々先生同意を受けて新体操同好会を作りました。姉は受験があったので、実質同好会会長となり新体操ブームもあり5人ほど部員が出来ました。大会は、同好会ということでエントリー出来ませんでしたが、体育祭、文化祭と活躍し、かなりインパクトのある転校生だったと思います。現在も、このときの行動力により沢山の人の協力と友人の大切さが学べたと感じています。

学生時代・力を入れていたこと

志望・入行動機

銀行に入るとは、全く思ってなかったのが現実です。(本当は証券会社希望でしたが落ちました)ご縁があって先生に勧められ、気が付けば入行決定。
しかし、良い会社に入社出来たと本当に感謝しています。いい上司、良いメンバーと出会い銀行業務が好きなことに、入行してから改めて感じます。

志望・入行動機

休日の過ごし方・リフレッシュの方法

休日は、作ることと食べることが大好きなので、いろいろな料理にチャレンジし友人を招いてホームパティーを開催しています。また、愛犬(トイプードルのRed6歳♀)との散歩も楽しんでいます。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

銀行は、さまざまなルールや制限があって働きづらい環境かもしれませんが、銀行業はサービス業の一つで、その付加価値の源泉は行員一人ひとりの働きにあるということは今も昔も変わりなく「自分でなければ提供できないもの」を一つでも多く身に着けることが大切です。この点において女性も男性も関係ないと思います。