ホーム > 東日本銀行の仕事 > 営業店の仕事を知ろう > 杉﨑 智治(瑞江支店)

営業店の仕事を知ろう

杉﨑 智治 SUGIZAKI TOMOHARU 取手支店 瑞江支店 ご融資課 係長 2007年入行

今までの仕事・経歴

2007年4月 入行し松戸支店に配属。営業課として、窓口業務、後方事務等を担当し預金処理の基本を学ぶ。
2008年10月 舎人支店に転勤。お得意先課の地区担当者として、法個人のお客様を担当。融資提案や、資産運用の相談など銀行における営業業務全般を担当。分からないことだらけだったが、上司、先輩、お客さまに教えてもらいながら、約4年間同じ地区を担当する。
2013年1月 瑞江支店に地区担当者として転勤。2ヶ店でお得意先課を経験し、当行が強みとするお客さまとの近い距離感の大切さを学ぶ。
2015年4月 ご融資課担当となり、融資稟議作成等を担当。初めてのご融資課となり、単なる融資提案だけで無い、融資業務の奥深さを実感する日々。

銀行員の醍醐味・やりがい

日本人は「お金を借りる」ということに引け目を感じることが多いと思いますが、会社を経営していく中で、あるいは日常生活において「お金を借りる」ことが必要な場面が出てきます。その相談しにくい「お金を借りる」ことを、相談される銀行の仕事はやりがいが大きい仕事だと思います。
また、日常生活では扱うことが無い大きな金額の仕事に携わることができ、経済活動の一端を担えている実感を得ることが出来ます。

今後のビジョン・目標

仕事面においては、引き続きお客さまと接する部門で頼りにされる銀行員になりたいと思っています。また、支店内においても盛り上げ役として、行員から頼りにされる存在になりたいと思っています。
個人においては、ファイナンシャルプランナー1級の取得を目指して学習を行っております。(銀行からの支援で、ファイナンシャルプランナー1級勉強会に参加しました。)

営業店の仕事

学生時代・力を入れていたこと

塾講師のアルバイトに力を入れていました。大学の授業の時間割もアルバイトのシフトを中心に組んでいました。そこで貯めたお金で、長期休暇に海外旅行に行くことを楽しみにしていました。もっといろんな国に行っておけばと後悔していますが、今後挽回することが目標です。
友達ともよく遊んでいました。理由もなく、ただ何となく集まり一緒に長い時間を過ごしていただけですが、濃密な友情関係となりました。今も不定期に集まっていますが、時間があっという間に過ぎる、楽しい時間を共にしています。これからも付き合っていく大切な友達と出会えました。

学生時代・力を入れていたこと

志望・入行動機

私の就職活動時期は売り手市場と言われて、内定が取りやすい時期でありました。しかしながら、私はマニュアル本に頼らず正直に面接に臨んでいたせいか内定を得ることに苦労していました。気分転換で普段見ていなかった大学の求人募集にて当行の募集を見て応募したところ、内定までたどり着くことが出来ました。多くの会社では正直に臨んで不採用だったのに、当行で採用になるのは何か不思議な縁があるのかと思い、入行を決めました。その勘は正しかったと今は思っています。

志望・入行動機

休日の過ごし方・リフレッシュの方法

会社の上司、同期たちとゴルフに行くこと。家族と山登り、ランニングなどとにかく体を動かす休日を過ごしています。共通の趣味を通じて仕事場では出来ない話をすることや、外に出て様々な所に行くことで自分の見聞を広げることになり自分の人生を豊かにしてくれるものだと思っています。そうした経験がまた、仕事にも活きてくると実感しているので、極力外に出る様にしています。

休日の過ごし方
学生のみなさまへメッセージ

社会人になることに不安もあると思いますが、楽しみもたくさんありますので恐れずに就職活動を行ってください。ただ、学生には時間というかけがえのないものがありますので、それを最大限に活用して研究、遊び、アルバイトに没頭してください。
アドバイスとして、学生時代に車の運転(免許取得だけでなく、一人で運転ができること)が出来るようになっていると、仕事でもプライベートでも大いに役立つと思います。