>  東日本銀行について  >  トップメッセージ

トップメッセージ

東日本銀行 代表取締役頭取 大石 慶之

皆さまには、平素より東日本銀行をお引き立ていただき、
誠にありがとうございます。
12月1日に、代表取締役頭取に就任いたしました大石慶之でございます。

当行と横浜銀行との経営統合によりコンコルディア・フィナンシャルグループが発足してから3年半が経過しました。マイナス金利の長期化、人口減少や少子高齢化、デジタル技術の進展など私たちを取り巻く環境は、現在も大きくめまぐるしく変化しています。

このような変化の大きな時代のなかで、地域金融機関として地域のお客さまに、最適なサービスをご提供し続けていくために、私たちはグループの中期経営計画に加え、当行改革のための計画「Sunrise Plan」を策定いたしました。「Sunrise Plan」では、横浜銀行との連携をよりいっそう強化しながら、抜本的な構造改革を進め、お客さまへの質の高いソリューションの提供などを通じてお客さまのさまざまな経営課題の解決に関わっていけるようビジネスモデルの再構築に全力で取り組んでまいります。

当行の企業理念にある、心のかよう「フェイス・トゥ・フェイス」というお客さま本位の精神は、行員に遺伝子として脈々と引き継がれてきたものです。この強みを、東京を核とした首都圏という巨大マーケットで如何なく発揮していくことで、お客さまとのリレーションを大切にし、信頼されるパートナーとしてお客さまに「真に必要とされる地域金融機関」をめざして、全行員が一丸となって取り組んでまいります。

今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年12月
東日本銀行 代表取締役頭取
大石 慶之