>  東日本銀行について  >  トップメッセージ

トップメッセージ

東日本銀行 代表取締役頭取 大石 慶之

 皆さまには、平素より東日本銀行をお引き立ていただき、
誠にありがとうございます。
代表取締役頭取の大石慶之でございます。

 新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなか、罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、皆さまの事業活動にも大きな影響が及んでいることと存じます。
 こうした変化の大きい経営環境のもと、当行は、東京を核とした首都圏をホームマーケットとする地域金融機関として、金融仲介機能の発揮に努めるとともに、お客さまに寄り添い真のニーズにお応えすることで、お客さまの持続的な成長を支えていきたいと考えています。

 私たちは、2019年11月に策定した「東日本銀行Sunrise Plan」を深化させ、まもなく迎える100周年の、さらにその次の100年に繋げていくための計画「Sunrise Plan ~Next100~」を2020年11月に策定しました。「Sunrise Plan ~Next100~」では、これまで以上に、抜本的な構造改革を進めるとともに、専門性の高いソリューションの提供を軸として、お客さまの多様化・高度化するニーズに適切に応えていく態勢を構築していきます。こうして事業を営む皆さまの経営課題の解決に全力で関わっていくことで、「中小企業のトータルパートナー」としてお役に立つ銀行になることをめざしてまいります。

 当行の企業理念にある、心のかよう「フェイス・トゥ・フェイス」というお客さま本位の精神は、行員に遺伝子として脈々と引き継がれてきたものです。この強みをこれからも継承し続けながら、お客さまとのリレーションを大切にし、信頼されるパートナーとしてお客さまに「真に必要とされる地域金融機関」をめざして、全行員が一丸となって取り組んでまいります。

 今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年6月
東日本銀行 代表取締役頭取
大石 慶之