新型コロナウイルスに便乗した犯罪にご注意ください

2021年4月8日現在

次のような手口で個人情報を聞き出したり、預金・現金をだまし取る犯罪が増加しています。

  • 「ワクチンを優先的に接種するには、予約金が必要です。10万円振り込んでください。」「居住状況などのアンケートにお答えください。」など、お金をだまし取ろうとしたり、個人情報を聞き出そうとします。
  • 「新型コロナウイルスの交付金10万円がもらえます。手続きを代行するのであなたの預金口座の番号を教えてほしい。」など個人情報を聞き出そうとしたり、「代行手数料が必要」などと言ってお金をだまし取ろうとします。
  • 市区町村等の職員を名乗り、「保険料の還付金がある。役所の窓口は新型コロナウイルス対応で忙しいので、銀行のATMで手続きをしてほしい」などと言い、ATMの操作を指示し、犯罪口座に振り込みさせて、お金をだまし取ろうとします。

ご注意いただきたいポイント

「口座番号や暗証番号を教えて」には注意してください。銀行員がキャッシュカードの暗証番号を尋ねることはありません。

保険料等の還付金はATMでは受け取れません。

新型コロナウイルスのワクチン接種に乗じた詐欺の手口に注意してください。

閉じる