>  お江戸日本橋支店とは  >  セキュリティについて

セキュリティについて

128ビットSSL(Secure Socket Layer)による暗号化

東日本ダイレクトバンキングでは、お客さまのパソコンと当行のコンピューター間のデータ通信について、本サービスを安心してご利用いただけるよう、最新式の暗号化技術の128ビットSSL暗号化方式を採用し情報の盗聴・書換え等を防止します。

ソフトウェアキーボードについて

東日本ダイレクトバンキングでは、ソフトウェアキーボードを導入しております。ソフトウェアキーボードとは、ログイン画面上で開いたソフトウェアキーボード画面の文字ボタンをマウスでクリックすることで、パスワードを入力するものです。パソコンのキーボード入力情報を盗み、第三者に送信するスパイウェアに対するセキュリティ対策としてご利用ください。
※ソフトウェアキーボードのご利用により安全が保証されるものではありません。

メール通知パスワードについて(※お客さまの任意選択となります)

東日本ダイレクトバンキングからの特定の取引について、従来の東日本ダイレクトバンキングカードの入力に加え、電子メール(Eメール)で通知するパスワードを併用して、セキュリティを高め、不正利用を防ぐための仕組みのことです。万が一、従来のパスワードを盗み取られた場合でも、お客さまが登録されている電子メール(Eメール)アドレスに通知するパスワードが必要なため、第三者による不正利用を防止できます。

EV SSL証明書

フィッシング詐欺への対策として日本ベリサイン株式会社のEV SSL証明書を採用し、セキュリティの強化をしています。EV SSL(Extended Validation SSL)証明書とはウェブサイトの証明書のことです。対応ブラウザを利用しているお客さまがEVSSL証明書で保護されている東日本ダイレクトバンキングにログインすると、アドレスバーが緑色に変わり、アドレスバーに表示されたURLの横に、「ウェブサイトを運営する組織名」と「SSL証明書を発行した認証局名」が表示されます。この緑色のバーは、EVSSL証明書が、組織の実在性、そのドメイン名を使用する権利を組織が保有しているかなどを検証したうえで、正式に発行されたものであることを意味しています。

インターネットバンキング専用の無料セキュリティ対策ソフト
「PhishWallプレミアム」のご提供

不正送金対策ソフトとして「PhishWallプレミアム(フィッシュウォールプレミアム)」を無料で提供しております。PhishWallプレミアムは不正送金・フィッシングの脅威からお客さまを保護するソフトであり、導入することで不正送金につながるようなウィルス感染によるMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃や認証情報を盗みだす脅威を軽減することが可能です。東日本ダイレクトバンキングをご利用の際は、必ずPhishWallプレミアムをインストール、起動のうえご利用ください。

ワンタイムパスワード

「ワンタイムパスワード」は一定間隔ごとに作成され、スマートフォンのアプリ(ソフトウェアトークン)に表示される「使い捨てのパスワード」です。
大切な預金を不正なアクセスから守るため、是非ご活用ください。