>  お江戸日本橋支店とは  >  セキュリティについて

セキュリティについて

128ビットSSL(Secure Soket Layer)による暗号化

東日本ダイレクトバンキングでは、お客さまのパソコンと当行のコンピュータ間のデータ通信について、本サービスを安心してご利用いただけるよう、最新式の暗号化技術の128ビットSSL暗号化方式を採用し情報の盗聴・書換え等を防止します。

ソフトウェアキーボードについて

東日本ダイレクトバンキングでは、ソフトウェアキーボードを導入しております。ソフトウェアキーボードとは、ログイン画面上で開いたソフトウェアキーボード画面の文字ボタンをマウスでクリックすることで、パスワードを入力するものです。パソコンのキーボード入力情報を盗み第三者に送信するスパイウェアに対するセキュリティ対策としてご利用ください。
※ソフトウェアキーボードのご利用により安全が保証されるものではありません。

PhishWallプレミアムについて

東日本銀行は、インターネットバンキングのセキュリティを高めるため、不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」を提供しております。「PhishWallプレミアム」はPhishWall導入企業のウェブサイトにアクセスした際に真正なサイトであることを証明する機能の他に、ウイルス対策の強化、閲覧しているウェブサイトが危険なサイトかどうか調べる機能、不正なポップアップなどでIDやパスワードを盗むMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃を検知・無効化する機能を有しています。

スパイウェア(キーロガー等)にご注意ください。

お客さまのパソコンに侵入させたスパイウェア(注)を利用して、そのパソコンからインターネットバンキングのIDやパスワード等を盗取した上で、お客さまの口座から現金を引き出すという事件が発生しておりますので、十分にご注意ください。

(注)スパイウェアとは、お客さまがインターネットバンキング等を利用する際に入力したIDやパスワード等の個人情報やユーザーの行動を収集し、第三者のアドレスに自動的に送信をするようなソフトです。(キーロガーとは、スパイウェアの一種で、お客さまがキーボードから入力された内容を保存するソフトのことです)

  • ● スパイウェアの侵入経路は、心当たりのない電子メールの開封時や提供先がはっきりしないフリーソフトのダウンロード時が一般的(悪意あるホームページを閲覧するだけで侵入するものもあります)ですので、例えば、不審なメールを受信した場合には、送信時のアドレスを確認するなど、不用意に開封しないよう十分にご注意ください。
  • ● お客さまのパソコンにスパイウェア対策ソフトを導入しておくことも有効と考えられますが、この場合でも絶えず最新の状態にしておく必要があります。なお対策ソフトによっては探知できないスパイウェアもありますのでご留意願います。
  • ● 取引履歴の確認や通帳の記帳を頻繁に行っていただくことにより、身に覚えのない取引を早期に発見することができます。また、暗証番号の変更や振込限度額の設定を少額に変更することも被害を減らす方法としてお薦めします。